Profile of MIHO FUNAHASHI - 船橋 美穂 -

京都市立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業。

1983年より7年にわたるアメリカ滞在中、エール大学大学院音楽科の講師や大学院生のリサイタルやコンクールの伴奏、室内楽等で活躍し、高い評価を受けた。90年3月、元ニューヘヴンシンフォニーオーケストラのコンサートマスターである、キャン・ユー氏のリサイタルの共演ピアニストとして新聞評で好評を得る。

これまでソロ活動だけでなく4回にわたる2台のピアノによる演奏会の開催、ライプツィヒ弦楽四重奏団、コチアン弦楽四重奏団、NHK交響楽団メンバー、トーマス・クリスティアン、トマシュ・トマシェフスキー、大嶋義実、三井ツヤ子、森悠子氏など国内外の著名な演奏家との度重なる共演をはじめ、声楽、器楽リサイタルの伴奏など多数の演奏、CD録音に出演し、そのレパートリーは幅広く多彩である。NHK-FM放送にも伴奏者としてたびたび出演する。1997年より、「サウンド・プリズム」と題したピアノアンサンブルシリーズを主催し、高い評価を得ている。また近年、森悠子氏のリサイタルをはじめ、長岡京室内アンサンブルメンバーとの共演も数多い。現在、アンサンブルピアニストとして国内外の演奏会で活躍中。2002年度藤堂音楽褒章、2015年第29回京都芸術祭京都府知事賞など受賞。チェコ音楽コンクール最優秀共演者賞。

 椿久美子、元濱綏子、岩崎淑、平井丈二郎、ワード・ダヴィニーの諸氏に師事。リート伴奏では、佐々木成子、ライナー・ホフマンの両氏に師事。
 
京都音楽家クラブ、ムジカA国際音楽協会、日本演奏連盟会員。 滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師、同志社女子大学学芸学部音楽学科嘱託講師。びわ湖国際フルートコンクール公式伴奏者。長岡京室内楽グループのメンバー。

Sound Prism Concert History

1983年 渡米 (主にエール大学大学院音楽科で伴奏などで活躍)

1990年 帰国

1997年 Sound Prism vol.1 初主宰

1998年 Sound Prism vol.2

1999年 Sound Prism vol.3

2000年 Sound Prism vol.4

2001年 Sound Prism vol.5
同年  Sound Prism Saron Concert

2002年 Sound Prism vol.6

2003年 Sound Prism vol.7

2004年 Sound Prism vol.8

2007年 Sound Prism vol.9

2010年 Sound Prism vol.10

2013年 Sound Prism vol.11

2016年 Sound Prism vol.12

2017年 Sound Prism vol.13

詳しい情報はこちらまで



Copyright(c)2003-2015 Y.Funahashi All rights reserved.